アービトラージベッティング

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
アービトラージベッティング

アービトラージベッティングに興味がありますか?それがこの記事で何であるか読んでください!ギャンブルをやっていてよく目にするのが、「必ず勝てる」とか「絶対に負けない」と言う言葉を声高々に発する予想屋です。しかしギャンブルで「100%勝てる」と言う巧い話は存在しません。しかし「かなりの高確率で稼ぐことが出来る」と言うのであれば話は別です。今回紹介する「アービトラージのベッティング」を理解すればかなりの高確率で稼ぐことが出来ます。しかしアービトラージのベッティングに弱点がないという訳でもありません。ここではアービトラージベットとギャンブルの必勝法と言うのが間違っているということについて紹介したいと思います。

1. アービトラージベット

まずアービトラージの説明をします。アービトラージを日本語で「裁定取引」です。はっきり言って日本語の方が難しいのでアービトラージで覚えてください。これは金利差や価格差で利益を得る手法です。

ビットコインを例にわかりやすく言うと

証券会社Aで
購入 200万円
売却 199万円

証券会社Bで
購入 202万円
売却 201万円

だったとします。その場合Aで1ビットコインを買い、Bで1ビットコインを売れば1万円の利ザヤを稼ぐことが出来ます。このように取引所の価格の差をうまく利用し利益を取ることをアービトラージと言います。

そしてこの手法をブックメーカーで使うのがアービトラージ賭けです。スポーツベッティングを行う際必ず「オッズ」と言うものが発生します。確率が高いものにたいしては低い倍率が、確率が低いものに対しては高い倍率が付けられます。しかしこのオッズと言うのはブックメーカーによって異なります。お勧めのブックーメーカーを知りたいなら私たちの記事をご確認ください。例えばレアルマドリード対バルセロナが国王カップの決勝で対戦したとしましょう。そして分かりやすく「どちらが優勝するか」と言うベッティングをするとします。

ブックメーカー バルセロナ レアルマドリード
William Hill 1.60 2.5
Bet365 1.50 2.8

しかし、裁定(アービトラージ)ベットとは正確に何ですか?この例では、本命の最高のオッズ、この場合はバルセロナの1.60、を見つけます。上記の1万円を賭けていると仮定しましょう。したがって、潜在的な獲得の金額は1万6千円です(計算を簡単にするため、追加料金は含まれていません)。さらに簡単にするため、引き分けをすることはできないと仮定しましょう。

私たちの目的は、他のブックメーカーでもレアル・マドリードに賭けることによって(そこにはより高いレートがあるため)、1万6千円を獲得させるレートを見つけることです。探しているレートを計算するには、潜在的な獲得の金額、つまり1万6千円をレアルマドリードのオッズ(2.80)で割るだけで十分です。これにより、5.7千円の成果になります。これがレアル・マドリードの勝率が2.80になっている2番目のクーポンに賭ける金額です。

採用戦略のおかげで、2枚のクーポンに合計1万5.7千円を使います。ただし、結果に関係なく、1万6千円をもらいます。あなたが利益を上げたという意味です。これが 裁定の賭けの目的です。

嘘みたいな話かもしれませんが、実際に起こり得る賭け方なのでアービトラージの賭けは最強のギャンブルの一つです。

2. アービトラージ賭けの弱点

それなら誰もがアービトラージ、つまり確実なベッティングをすればいいと考えるかもしれませんが話はそう単純なものではありません。

確実なベットには3つの弱点があります。

2.1 適したオッズを探す必要がある

このようなアービトラージ賭けが出来るようなオッズはすぐ見つかることもあればなかなか見つからないこともあります。そして今回は「どちらが優勝するか」と言う賭け方でしたが、勝ち、負け、引き分けの3つの選択肢がある場合賭け方が複雑になってきます。

2.2 大勝が出来ない

上記で分かる通り、どちらにも賭けるため一回の勝負で得られるお金はわずかです。掛け金が少ない場合かなり根気のいる作業となります。

2.3 資金繰りが面倒

1回の勝負でうまくいったとしても確実なベットは何回もやらないと基本的には利益を得ることが出来ません。例えば毎回William Hillで賭けている方が勝っているとなればBet365の資金はすぐに尽きてしまいます。そうなると入金が必要で、その際のマージンなどは出費となります。そうなるとアービトラージベットで利益を得たとしても最終的に赤字だったという可能性があります。

3. アービトラージギャンブルは必勝法か

では次に一般的なギャンブルの必勝法について紹介します。ギャンブルをする人であれば自分なりの「賭け方」と言う者を確立させていくものです。自分によく合うベットのしかたをお探しなら、アキュムレーターベットについてのガイドも調べてみてください。しかしほぼすべての人が確実に勝てる方法を模索し、結局そのような方法はないということに直面している事でしょう。

実際そんな方法があったとしたらブックメーカー自体が存在しなくなります。ですが、ネットや本では「ギャンブルで必ず勝てる方法」と言うものが紹介されています。その多くが「確実な賭け方をする」か「マーチンゲール法」を使うやり方のどちらかです。確実な賭けをするというのは例えばテニスで「ウィンブルドンの1回戦でジョコビッチが勝つ方に賭ける」、「ラグビーワールドカップのニュージーランドVSイタリアでニュージーランドに賭ける」と言ったやり方です。

倍率は1.02倍程度だけど確実に勝てるという計算です。しかし、スポーツにはジャイアントキリングと言うものがあるため絶対はありません。

またマーチンゲールの法則を必勝法に挙げる人もいますが、はっきり言って素人考えです。マーチンゲールの法則とは負けたら倍、倍と賭けていく方法です。

上記はルーレットで「赤か黒」に賭ける場合の配当です。

回数 掛け金 合計掛け金 配当 利益
1 100 100 200 100
2 200 300 400 100
3 400 700 800 100
4 800 1500 1600 100
5 1600 3100 3200 100
6 3200 6300 6400 100
7 6400 12700 12800 100
8 12800 25500 25600 100
9 25600 51100 51200 100
10 51200 102300 102400 100
11 102400 204700 204800 100
12 204800 409500 409600 100

毎回赤に賭けていたらいつか当たるだろうという賭け方がマーチンゲールの法則の作戦です。上記を見てみると分かる通り、どこかで勝てば毎回100円の利益を出すことが出来ます。しかしこのやり方は大体が資金が尽きる方が早いです。「10万円稼いだらやめる」と言うルールを作ったら勝てますが、12回連続黒が来ることなんてざらです。そうなると409500円の損失を被ってしまいます。

上記で説明したのは理論上でははっきり言って確実な勝ち方です。しかしアービトラージベッティングは弱点があり、大勝が出来ない根気のいる作業だということを頭に入れておいてください。

コメント アービトラージベッティング
コメント (0)
責任を持ってプレイ