アカデミー賞 2020 優勝予想

アカデミー賞 2020 優勝予想

第91回アカデミー賞は「ボヘミアン・ラプソディ」が4部門、「グリーンブック」、「ブラックパンサー」「ROMA/ローマ」が3部門し、まさに分け合った形での受賞となりました。さらに作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞と言ったメインどころが全て違う作品となったというところも大勝ちした作品がなかったという表れではないでしょうか。2020年のアカデミー賞は7~8部門受賞するような他を圧倒するような大作が現れるのか、もしくは2019年以上の僅差となってくるのか見ものです。ここではアカデミー賞 2020 優勝予想やアカデミー賞をどのように賭けるのか、受賞候補の作品はあるのか等を紹介したいと思います。

1. アカデミー賞もギャンブル対象

海外、特にイギリス人はギャンブルが好きな人種で、何でも賭けにしてしまいます。サッカーやバスケットと言ったスポーツはもちろんのこと「誰がアメリカの大統領になるのか」や「次のロンドン市長は」という賭けもあります。そんな中注目したいのが「アカデミー賞に輝くのは」というギャンブルです。「スポーツは疎いけど映画はよく見る」「アカデミー賞に輝くのが何か予想するのが好き」という人にうってつけのギャンブルがあるのです。

2. アカデミー賞のノミネート作品について

アカデミー賞2019が発表されたばかりという事もありまが、アカデミー賞2020の予想オッズはまだ1xBETでしか出ていませんが、有力候補について簡単に紹介していきたいと思います。まずアカデミー賞の作品賞ですが以下のオッズ表を見てみましょう。

個人的にはピューリッツァ―賞を獲得した小説「The Goldfinch」にとってほしいという感があります。この作品はAmazon.comベストブックオブザイヤー2013で総合1位に輝いているという位大衆受けもいいので批評家のみでなく一般の方からも高評価を得られるのではないかと思っています。

2.1 監督賞は

Once Upon a Time in Hollywoodのクエンティン・タランティーノ

Litte Womenのグレタ・ガーウィグ

The Irishmanのマーティン・スコセッシ

あたりが堅いのではないかと予想します。

2.2 主演男優賞は

Once Upon a Time in Hollywoodのレオナルド・ディカプリオ

The Good Liarのイアン・マッケラン

Native Sonのアシュトンサンダース

がいいオッズを付けてくると予想しています。

Once Upon a Time in Hollywoodが賞を独占という事も考えられ、作品、監督、主演男優の全てをOnce Upon a Time in Hollywoodに賭けるというのも面白い選択かもしれません。

2.3 主演女優賞は

Judyのレネー・セルヴィガ―

Harrietのシンシア・エリヴォ

あたりでしょうか。女優賞は正直あまり自信がないので近づいてから決めようと思っています。

3. ブックメーカーでの賭け方

ブックメーカーで賭ける方法はwilliam hillの場合テレビ番組・特別編と言う欄で出てくると思います。もしでなければ「ベットの検索」というブランクボックスがあるのでそこで「アカデミー賞」と記入してみて下さい。いずれにしてもまだオッズが出ていないので見つけることができませんが日にちが近づくとオズが出てきます。ちなみにアカデミー賞を扱いそうなブックメーカーですが、 William hillbet3651XBETpinnacle などは扱う出そう。

4. アカデミー賞2020放送予定

アカデミー賞の放送ですが、恐らく2月の最終月曜の8:00頃からWOWOWで放送されると思います。昔はNHKBSでも放送していたようですが、有料チャンネルのみでの放送となる可能性が高いと思います。アカデミー賞のネット中継などもするかもしれませんがそれも有料になるのではないでしょうか。

もしかしたらブックメーカーでライブストリーミングがあまり可能性は高くありませんが1XBETと言うブックメーカーはあらゆるスポーツをライブストリーミングで生配信しています。アカデミー賞の模様も放映する可能性があるので無料で見たいという人は可能性に賭けてみてもいいと思います。

ちなみに 1XBETでライブストリーミング 視聴する方法ですが、サイト登録及びサイトへ入金(数百円程度で可)で視聴資格は与えられます。あとは放送されることを祈るのみです。

コメント アカデミー賞 2020 優勝予想

おすすめの記事:
コメント (4)
最後のコメント Vainhaver Vainhaver 2020は何が出てくるんだろう。まだ全然読めない・・・ 2ヶ月前 ...
責任を持ってプレイ