ブックメーカー 日本

ブックメーカー 日本

日本人はギャンブルと聞くとあまりいいイメージを持たない傾向があります。しかし、イギリス紳士でさえ当たり前のようにギャンブルを行っていて、明日の天気をかけたり、ロンドン市長は誰になるかなんて言う賭け事も発生したりします。大金をかけて家計を火の車にするということさえなければ適度な予想や刺激になることでしょう。

ここでは3つの海外のブックメーカー(ギャンブルを行っているサイト)を紹介していきたいと思います。

1. ウィリアムヒル

よくサッカーワールドカップのオッズ日本代表が501倍となりましたとか、岡崎慎司が所属しているレスターが5000倍というオッズの中優勝したというニュースを聞くことがあります。そのオッズはウィリアムヒルから抜粋していることが多いほどメジャーなスポーツブックメーカーです。

サッカーを中心にヨーロッパのスポーツに対して絶対的な取り扱い数を持っています。今では日本語にも対応していて、英語が分からない人でも容易にかけることができます。かけなくてもオッズを見ることでスポーツの力関係が分かります。

凱旋門賞などで「日本2018の馬が一番人気です」なんて言われますが海外のオッズを見たら4番人気だったりします。

2. Bet365

賭けの種類が多く個人的なイメージとしては野球やアイスホッケーと言ったアメリカを中心としたスポーツにも対応しています。プロ野球が好き、メジャーリーグが好き、さらに野球に関しては予想が的中することが多い。そう思う人はBet365をお勧めします。野球のかけ方も勝ち負けだけでなく、「両チームの合計点は8.5点以上かどうか」「この回2本以上ヒットが生まれる」と言ったユニークなかけ方が存在します。毎日何かしらの賭け事は行われていて、日本、ヨーロッパ、アメリカのスポーツを扱っているため24時間ギャンブルを楽しむことができます。

3. ピナクル ブックメーカー

Pinnacleは数多くのベットを有していることを強みとしています。またスポーツだけでなくカジノにも力を入れていてギャンブル好きな人にはお勧めのブックメーカーです。

日本語にも対応していて英語が苦手という人にも使いやすいブックメーカーと言えます。スマートフォンでも手軽にギャンブルすることができ、アカウントにもすぐ資金を入金することができます。初心者というよりは中級者向けかもしれません。

ブックメーカーと言っても各ブックメーカーで特色を出していたり若干オッズが変わったりするので自分に合ったブックメーカーを探して遊んでみてはいかがでしょうか。

コメント ブックメーカー 日本

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ