アイスホッケーのブックメーカーでの賭け方

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
アイスホッケーのブックメーカーでの賭け方

日本でアイスホッケーと言ったらあまりメジャーとは言えないかもしれませんが、アメリカでは4大スポーツの一つとして人気があり、世界でも、冬季オリンピックの一番の花形競技と言っても過言ではないほど人気のある競技です。そのためアイスホッケーのギャンブルは盛んで、特に冬場はいたるところで試合が行われギャンブルの対象になっています。ここではアイスホッケーの賭け方や必勝法(必勝法と言うほど勝率が高い物とは言えないかもしれませんが)について紹介したいと思います。

1. アイスホッケーのベッティングについて

アイスホッケーのブックメーカーでの賭け方はいたって簡単です。サッカーベッティングのように「どちらのチームが勝つか」、「どちらのチームが次に得点するか」、「両チームの合計得点は」と言った賭け方ができます。ただしアイスホッケーは前後半ではなく第一ピリオドから第三ピリオドまであるので注意してください。

アイスホッケーを見たことがある人は何となくイメージがつかめるかもしれませんが、サッカーのように点の入らない競技です。そのため番狂わせも比較的多い競技と言えるでしょう。

アメリカで行われるNHLやオリンピックのほとんどが賭けの対象になります。特にNHLでは賭けのバリエーションが豊富なので手堅く賭けたい場合は試合全体に、より稼ぎたい場合はピリオドごとにどちらが勝つか賭けるといいかもしれません。

アイスホッケーを扱っているブックメーカーですが、大手ブックメーカーであれば大抵扱っています。しかしその中でもお勧めのブックメーカーと言ったら下記の四つです。

2. アイスホッケーに賭けをすることができるブックメーカー

2.1 Bet365

アメリカのスポーツに強く、ページ更新やスタッツの更新が速いためゲームをイメージしながら賭けをすることができます。登録方法、登録ボーナスについては下記参照下さい!

ボーナスコード:JVBIP

2.2 Pinnacle

オッズレートに定評があります。レートがいいという事は勝った時のリターンが大きいという事なのでPinnalcleの高レートは必見です。登録方法、登録ボーナスについては下記参照下さい!

ボーナスコード: JOHNNYBET(特に初回入金によるボーナス等はありませんが、レートが他より優れているため勝てば勝つほど得をするブックメーカーと言えます)

2.3 William hill

レート、サイトの切り替わり、サイト運営全てにおいてハイレベルで管理しているブックメーカーです。世界のブックメーカーのスタンダートと言っても過言ではないサイトです。登録方法、登録ボーナスについては下記参照下さい!

ボーナスコード:BETEXVIP

2.4 1xBET

幅広いスポーツで賭けをすることができるサイトです。またライブストリーミング機能を備えていて、アカウント登録及びサイトへの入金をしていればゲームをライブで見れる可能性があります。登録方法、1XBET登録ボーナスについては下記参照下さい!

ボーナスコード:JOHNNYBET

いずれにせよ上記のボーナスコードを使用すれば特別なボーナスを得ることができるのでアカウント登録の際ボーナスコード欄に該当するコードを記入してみて下さい。

おすすめのブックメーカー日本

Bet365
Bet365
ボーナス スポーツ 最大ベットクレジットで100%ボーナス
Bonus Code
JBVIP
Bet365へ
Pinnacle
Pinnacle
ボーナス スポーツ 最高のスポーツベッティングオッズ
VIPコード
JOHNNYBET
Pinnacleへ
1XBET
1XBET
ボーナス スポーツ 最大¥15,990の初回入金ボーナス!
ボーナスコード
JOHNNYBET
1XBETへ
William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ 最高$100の200%ボーナス
プロモコード
BETEXVIP
William Hillへ

3. アイスホッケーの必勝法について

サッカーで必勝法がないようにアイスホッケーの必勝法という物は存在しません(どのスポーツにおいても100%勝てるという物はありませんが・・・)ただ、アイスホッケーならではの特徴を理解していればアイスホッケーで稼ぐことはできます。

それは第三ピリオドの終了間際の得点を賭ける方法です。アイスホッケーは得点があまり入らない競技の為1点差で終盤までもつれるというのはざらです。

しかし1点差で最終盤まで来ると負けているチームのキーパーがベンチに引っ込みフィールドプレーヤーと変わる場合があります。そうすることで点を取る確率が上がるわけですが、逆にキーパーがいなくなるため失点する確率は上がります。サッカーをイメージしてみて下さい。キーパーを下げて攻撃枚数を一枚増やした場合の得点する確率と失点する確率。どちらが高いと思いますか?明らかに失点する確率の方が高くなると思いますよね?もちろんサッカーと全く同じという訳ではありませんが、この性質を利用しない手はありません。

最終盤まで1点差の場合「2点差以上でOOが勝つ」と言う賭け方をするのがお勧めです。もちろんうまくいかないことも多いですど結構ハイリターンなので何度もやれば儲けることができます。

3.1 JOHNNYBETを利用しよう

最後にアイスホッケーで賭けをしてみたいと思う場合はJOHNNYBETを利用することをお勧めします。このサイトは世界中のギャンブラーがどのようなベッティングをしているか参考にすることができるサイトです。アイスホッケーのことなら何でも知ってる!という人であればいいのですが、アイスホッケーで賭けて設けることができるという日本人はあまりいません。世界中のデータを参考にし、賭けてみてはいかがでしょうか。

コメント アイスホッケーのブックメーカーでの賭け方

コメント (0)
責任を持ってプレイ