メキシコ対スウェーデン 試合予想

メキシコ対スウェーデン 試合予想

今回の記事ではこの2018年6月26日のメキシコ対スウェーデン 試合予想と最高の賭けのオッズとボーナスを提供しているブックメーカーをご紹介します!

1. メキシコ対スウェーデン 試合予想

12年ぶりにワールドカップ本戦の舞台に帰ってきたスウェーデン。ドイツ、韓国と同居したグループステージ第3戦の相手はメキシコだ。グループFを構成するチームを見てみても、この第3戦、この2か国で決勝トーナメント進出の椅子を賭けた直接対決が繰り広げられる可能性は高い。

7大会連続16回目のW杯出場となるメキシコ。自国開催だった1970年、1986年には最高記録の準々決勝進出を果たすと、連続出場記録を続けている1994年以降はグループステージ敗退を一度も経験していない。しかし裏を返せばその全てでベスト16敗退の憂き目にあっていることになる。今大会こそラスト16の牙城を崩すべく、先ずはグループステージ突破を賭けてスウェーデンと激突する。

そのスウェーデンは2018年ロシア大会が3大会ぶり12回目の出場だ。過去の最高成績は自国開催だった1958年の準優勝。1950年、1994年には3位、1938年には4位と、過去のW杯では素晴らしい成績をいくつも残しているものの、ここ最近は本戦の舞台から遠ざかってしまっていた。今大会の欧州予選でもタイトな戦いを強いられ、グループの3位のオランダに得失点差で上回りなんとかプレイオフに進出すると、ファーストレグに挙げた1点を最後まで守り切り、イタリアを倒して本戦出場を決めた。

現在のそれぞれのFIFAランキングはメキシコが16位でスウェーデンは18位。スウェーデンは、最後に出場した2006年のワールドカップで同じ北中米カリブ海勢のトリニダード・トバゴとグループステージ初戦で対戦し、0-0で引き分けた。メキシコとの過去の対戦成績は4勝3分け2敗と上回っている。W杯本戦での対戦は、1958年のスウェーデン大会の一度だけで、そこでは開催国がメキシコを3-0で下している。この初対戦以降、更に計8度の対戦があるこの両国だが、それらはすべて国際親善試合で、しかも直近の対戦は2009年1月まで遡る。そこではスウェーデンがメキシコを1-0で下している。

メキシコ対スウェーデン ベッティングオッズ・合計のベストオッズ
William Hill 1XBET Bet365
スクロールして詳細を見る
合計がオーバー2.5 William Hill: 2.20 1XBET: 2.25 Bet365: 2.20
合計がアンダー2.5 William Hill: 1.61 1XBET: 1.75 Bet365: 1.65
プロモコード BETEXVIP
$100のマッチボーナス
ボーナスコード JOHNNYBET
誕生ボーナス
Bonus code JBVIP
スポーツボーナス
最新アップデート: 1527064098

2. メキシコ対スウェーデン ベッティングオッズ

そんな久しぶりの対戦となるこの両者の対戦を、ブックメーカーはどう見ているのか。

bet365のオッズに目をやると、非常にタイトな試合予想を見て取れる。メキシコ勝利のオッズが6/4 (2.50)なのに対し、スウェーデン勝利は15/8 (2.87)。ほとんど差が無いといっても過言ではないベッティングオッズだ(ちなみに引き分けは11/5または3.20)。スコア予想に目を移すと、ここで最も優勢なのは1-1のドローで、オッズは5/1。そしてメキシコの1-0勝利(13/2)、スウェーデンの1-0勝利(15/2)、0-0(8/1)と続いている。

やはり実力が拮抗し、さらには決勝トーナメント進出を賭ける戦いとなる可能性が高いだけあって予想が難しいこのカード。そんな時には各々のチームの数字だけのマーケットを見てみるのもいいかもしれない。例えば、それぞれのチームの得点数のオッズは、どちらも1点が最も低く、メキシコ、スウェーデン共に6/4。続いて0得点のオッズが、メキシコは12/5、スウェーデンは2/1といった具合になっている。その他、チームごとに総ゴール数オーバーorアンダーのオッズも提供されており、どちらが勝つかの予想を立てにくい時に是非とも活用したいマーケットだ。

なおこの試合、1XBETがウェブサイト上でライブストリーム配信するとの情報がある。多くのブックメーカーが多種多様なスポーツをオンラインでライブ配信している中、1XBETはアカウント開設のみでデポジット無しで視聴開始できることから、とりわけ手軽なサイトとして注目されている。

コメント メキシコ対スウェーデン 試合予想

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ