日本対中国 ワールドカップ予選 2022 放送

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
日本対中国 ワールドカップ予選 2022 放送

日本対中国 ワールドカップ予選 2022 放送を視聴しながら、どちらのチームが勝つか、みなさんも一緒に予想してみませんか?ワールドカップ2022のアジア最終予選は、2021年9月2日(木)から始まり、現在第6節までの試合が終了しています。2022年3月に行われる第10節までの試合が全て終了した段階で、グループA、グループBそれぞれ上位2チーム(計4チーム)が、ワールドカップへの切符を手にするのですが、現在日本はグループBの2位につけており、このまま行けばワールドカップへの出場権を獲得することができます。そんな状況で迎える次の試合が中国との対戦とあって、次の試合は多くのサポーターが注目する試合になるでしょう。今のところでは、ワールドカップ予選 2022 日本対中国試合の優勝オッズは日本が1.25倍ほど、引き分けが5.9倍ほど、中国が12.5倍ほどとなっています。今回は、中国 対 日本 ワールドカップ予選 2022 放送日程、2022日本対中国試合の中継、そして中国対日本2022試合に賭けるために必要な勝者予想とおすすめのブックメーカーについてご紹介していきます。

1. ワールドカップ予選 2022 放送日程

2022年の日本対中国試合は、日本のホーム試合となるので、日本時間の2022年1月27日19時から放送される予定です。以下は、その後の放送予定日程です。

  • 2月1日 ベトナム VS 中国
  • 2月1日 オマーン VS オーストラリア
  • 2月1日 日本   VS サウジアラビア
  • 3月24日 ベトナム VS オマーン
  • 3月24日 中国   VS サウジアラビア
  • 3月24日 オーストラリア VS 日本
  • 3月29日 中国   VS オマーン
  • 3月29日 オーストラリア VS サウジアラビア
  • 3月29日 日本  VS ベトナム

2. 日本対中国2022年の試合のライブ中継

ワールドカップアジア最終予選2022の中継ですが、1月以降日本代表が出場する試合4試合のうち、ホーム試合となる3試合は、テレビ朝日系列により地上波で放送されることが決まっています。3月24日にオーストラリアで行われる予定のアウェイ試合を含め、他の国同士の試合も見たい!という場合は、スポーツ専門の定額制動画配信サービス「DAZN」に登録することで全試合視聴することができます。そんな「DAZN」は、1ヶ月無料お試しキャンペーンを実施しているので、まだ登録したことがなければ、最初の1ヶ月は無料で見たい試合をいつでもどこでも再生することができます。私たちがおすすめするブックメーカーWilliam Hill、Bet365、1XBETなどでも、ワールドカップアジア最終予選2022の中国対日本試合のストリーミングが行われるかもしれないので、そこでも確認するようにお勧めします。もし、アジア以外のサッカーイベントに興味があれば、例えばヨーロッパリーグ​のネット中継もご覧ください。

3. 日本対中国2022試合の優勝予想

2022年の中国対日本試合の優勝予想ですが、現在の順位を見てみると、日本がグループBの2位(4勝2敗)なのに対し、中国はグループBの5位(1勝3敗2分)と出遅れている状態です。また、前回のアウェー試合で中国と対戦した際にも、日本が1対0で中国を下している点や、国際サッカー連盟(FIFA)のランキングで、日本の順位が24位なのに対し、中国は71位というところからも、日本代表が次の試合も集中力を切らさずに実力を十分発揮できれば、日本チームが勝てるのではないかという見方が強いです。ブックメーカーからの予想オッズを見ると、日本代表チームの勝つ可能性がかなり高いです。

日本代表 vs 中国のベストオッズ
ボーナス
最大¥15,990の100%初回入金ボーナス
ボーナスコード
JOHNNYBET
ボーナス
100%最大$100ウェルカムボーナス
プロモコード
BETEXVIP
最新アップデート: 1642678130

中国戦について、日本代表の森保監督は次のようにコメントしています。

「これまで通りではいけないですが、ベースは持ちつつ相手を上回っていけるようにその時々のオプションを持っていければ。相手が日本をよく分析し、死に物狂いで挑んでくる中でその上をいく準備をしなければならない」 - 森保監督(原典:goal com)

4. 日本対中国 ワールドカップ予選 2022のブックメーカー

中国対日本2022試合のベッティングに欠かせない、おすすめのブックメーカーは、Pinnacle, William Hill, Bet365の3社です。

Pinnacleは、公式にプロギャンブラーを歓迎している唯一のブックメーカーです。​​そんなブックメーカーだからこそ、プロを楽しませられるだけの、充実した種類のスポーツベッティングが用意されており、さらに業界No.1の平均還元率、他社よりも高いオッズそして勝ち続けてもマックスベット規制原則なしで高額ベット可能という魅力いっぱいのブックメーカーです。

ブックメーカー界の老舗と言われる William Hillは、イギリスでは3本の指に入るほどのブックメーカーです。スポーツベッティングの種類が多いのはもちろんなのですが、サッカーに関してはいつでも1000種類を超えるベッティング項目が用意されており、ベテランの方でも楽しんでいただけるブックメーカーとなっています。

Bet365は、見やすくて初心者でも操作しやすいと言われるサイト設計が売りのブックメーカーです。登録の仕方や入出金の仕方、ベットの方法がややこしいブックメーカーが多くある中で、Bet365は、単純明快なサイト設計で、誰でも迷うことなく登録・入金・ベットまでを終えることができます。また、上記のブックメーカーと同様にスポーツの種類やベッティングの内容が充実していることも、世界中から多くのユーザーが集まっている理由と言えます。

試合日程がまだ先なので、どのブックメーカーも日本対中国2022試合の予想オッズはまだ公表していませんが、試合の日程が近づいたら順次公開されるかもしれないです。各ブックメーカーでオッズが公表され次第、こちらのページでもオッズをご紹介していきますので、試合前にこちらのページをご確認ください。先に言及したヨーロッパリーグに賭けたいとしたら、ヨーロッパリーグの優勝予想についてお読みください。

5. 日本対中国 ワールドカップ予選 2022 よくある質問

5.1 📺 ワールドカップ予選 2022 中国対日本のライブ配信はどこで見れる?

ワールドカップ予選 2022 日本対中国のライブ配信は朝日テレビや紹介したブックメーカーの公式サイトで見ることができます。

5.2 🧐 ワールドカップ予選 2022 日本対中国試合に賭けるには?

ワールドカップ予選 2022 中国対日本試合にベッティングしたいなら、Bet365, William Hill, 1XBETというブックメーカーで賭ける可能性があると思います。現在は賭けオッズがまだ公開されていないが、公開されたらこの記事でご確認いただけます。

5.3 ⚽️ ワールドカップ予選 2022 中国対日本の試合はいつ?

日本対中国2022試合は、2022年の1月27日19時からです。みなさんも是非この機会に、日本対中国ワールドカップ予選 2022 放送を見ながら、どちらのチームが勝つのか、日本対中国 ワールドカップ2022予選の予想をしてみてはいかがでしょうか。

コメント 日本対中国ワールドカップ予選2022放送
コメント (0)
責任を持ってプレイ