パナマ対チュニジア 試合予想

パナマ対チュニジア 試合予想

2018ワールドカップロシア大会グループGの第3戦ではパナマ対チュニジアが行われる。イングランド、ベルギーと同じグループに振り分けられた両国にとってグループステージ最終戦まで決勝トーナメント進出の可能性を残すことが出来ていればその時点で既に大きな結果を勝ち得ていることになる。同時刻に開催されるイングランド対ベルギーでグループ1位と2位を決める戦いが行われていることを予想する声が大半だが、W杯初出場のパナマにとっては初勝利が、チュニジアにとっても40年ぶりのワールドカップでの勝利がかかる大会の最終戦となる。

1. パナマ対チュニジア 試合予想

パナマの現在のFIFAランキングは55位。北中米カリブ海最終予選では幻のゴールの恩恵もあって大逆転で本戦自動出場を決めた。初出場のW杯で是非1勝を挙げたいパナマにとって、最終戦のチュニジア戦が最も大きなチャンスになると言えるだろう。

一方5回目のワールドカップ本戦となるチュニジアにとっては、悲願の決勝トーナメント進出を目指して戦いたいところだ。過去4大会ではいずれもグループステージ敗退に終わったほか、初出場となった1978年の初戦以来W杯本戦での勝ち星がない。12年ぶりに帰ってきた大舞台でパナマに勝利を挙げることはもちろん、それが初の決勝トーナメント進出をもたらすことをどの国民も望んでいるはずだ。FIFAランキングは14位と上位に位置するチュニジア。ワールドカップのベスト16進出は果たして叶うのだろうか。

パナマ対チュニジア、両国は過去に対戦した経験がなく、今回が初対戦となる。チュニジアにとってワールドカップの舞台で北中米カリブ海の国と対戦するのは実は今回が2回目。初出場となった1978年のアルゼンチン大会の初戦で初勝利を挙げた相手はメキシコだった。

2. パナマ対チュニジア ベッティングオッズ

それでは今回のパナマ対チュニジアブックメーカーの予想を見てみよう。bet365が公表するベッティングオッズでは、チュニジアの勝利が5/4と、引き分けの21/20、パナマ勝利の12/5に比べて優勢になっている。しかしフルタイムの結果で最もオッズが低いのは1-1のドローで5/1、以下チュニジアの1-0勝利が6/1、スコアレスドローが7/1、パナマの1-0勝利が8/1で続いている。ちなみにチュニジアが40年前にメキシコを破った時と同じスコアでの勝利を予想するのであれば、3-1に賭けてみよう。そのオッズは20/1だ。

その他、ゴールに関するオッズを参照してみると、両チームともに得点するオッズはイエス、ノーどちらも10/11と当たり障りのない数字が出ている。試合予想のオッズとは裏腹に、パナマの得点を期待するマーケットも存在し、チュニジアのクリーンシート(無失点試合)達成のオッズは、イエスが13/8、ノーが4/9だ。

なおこの試合、1XBETがウェブサイト上でライブストリーム配信するとの情報がある。多くのブックメーカーが多種多様なスポーツをオンラインでライブ配信している中、1XBETはアカウント開設のみでデポジット無しで視聴開始できることから、とりわけ手軽なサイトとして注目されている。

さて、今回はパナマ対チュニジア 試合予想とその賭けのオッズを紹介しましたが、同日に開催されるセネガル対コロンビアの試合予想も興味ありましたら、次の記事に進めましょう!

コメント パナマ対チュニジア 試合予想

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ