ポーカーヘルプ

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet

ポーカーは特に20世紀の後半に進化してきました。初めてはミシシピ川の船でプレイされました。当時は20枚のカードのデッキのゲームでした。4人のプレイヤーはカードを5枚ずつとり、ハンドが強い方が勝ちました。現在はポーカーの種類が多くなりました。

1. ポーカーの種類

ポーカーの種類

  • テキサスホールデム
  • 各プレイヤーに自分だけに見えるカードの2枚が配られます。残りの5枚のカードはコミュニティカードと呼ばれます。自分の手札と共通のコミュニティカードを組み合わせて最高の5枚のポーカーハンドを作るのはゲームの目的です。テキサスホールデムはその7枚のカードを自由に組み合わせてポーカーハンドを作ります。

  • オマハホールデム
  • 各プレイヤーに4枚の手札が配られ、テキサスホールデムのように5枚のコミュニティカードもあります。しかし、手札の2枚と場の3枚という組み合わせだけが可能です。

  • オマハハイロー
  • 各プレイヤーに4枚の手札が配られ、テキサスホールデムのように5枚のコミュニティカードもあります。オマハホールデムのように手札の2枚と場の3枚という組み合わせだけが可能です。ポットはベストなハイハンドとローハンドに配られます。オマハハイローの基本ルールは「8以上」です。ポットの「ロー」を獲得するため、8-7-6-5-4以下のハンド(ストレートとフラッシュを除き)は必要です。ポットはローハンドがある場合だけに配られるため、ハイハンドだけで勝つわけではありません。

    ローハンドの一覧をご覧ください(最強から最弱まで):

    5、4、3、2、A

    6、4、3、2、A

    6、5、4、3、2

    7、5、4、3、2

    7、6、5、2、A

    7、6、5、4、2

    8、4、3、2、A

    8、6、4、2、A

    8、7、6、5、3

    8、7、6、5、4

  • ファイブカード・ドロー
  • ファイブカード・ドローのルールは簡単です。各プレイヤーに5枚の手札が配られ、ドロー・ラウンド(カードが交換できるラウンド)が1回だけ行われます。ファイブカード・ドローはベット・ラウンドがドロー・ラウンド前後に行われます(2回)。

  • セブンカード・スタッド
  • セブンカード・スタッドはドロー・ポーカーの一種で、各プレイヤーに5枚の手札が配られます。1回目のベット・ラウンドの後、各プレイヤーは最高5枚のカードをドローできます。このドロー・ラウンドの後、2回目のベット・ラウンドが行われます。プレイヤーが2人以上残る場合、ショー・ダウンとなります。セブンカード・スタッドで一番強いのはローハンドです。フラッシュとストレートはハンドに含まれるとエースは最強のカードという2つのポイントにご注意ください。

2. テキサスホールデムのルール

ポーカーのルールをご存知になるため以下の文章をお読みになり、Governor of Pokerのチュートリアルをプレイしてみてください。ポーカーの基本、ポーカーハンド、戦略やブラフ等は勉強していただけます。

ルール

  • ブラインド・ベット
  • ブラインド・ベットとは2人のプレイヤーがゲームの前にチップを強制的に賭けさせられる決まりのことです。ディーラーの左隣1・2番目の人が払います。ディーラーとその2人のプレイヤーが各ディール後他のプレイヤーと交換されます。

  • プレイヤーの行動
  • チェック:誰もベットしなかった場合チェックできます。カードを保存し、ベットをパスすることです。

    オープニングベット:ゲームの初めてのベットのことです。

    コール:他のプレイヤーがベットした後に可能になります。前のプレイヤーと同額のチップを賭けることです。

    レーズ:他のプレイヤーがベットした後に可能になります。賭ける金額を吊り上げることです。

    フォールド:ゲームから降りることです。カードを捨て、ポットをなくします。フォールドするとディールできなくなります。

  • プリフロップ
  • ディールの第一歩です。カードは配られる後に始まり、最後のプレイヤーのコール、チェック(ビッグブラインドだけ、誰もビッグブラインドより大きな金額を賭けなかった場合のみ)かフォールドに終わります。ビッグブラインドの左隣から始まり左に進みます。

  • フロップ
  • 誰にも見えるコミュニティカードの3枚が配られます。行動はプリフロップと同じです。

  • ターン
  • コミュニティカードの一枚が配られ、行動はフロップと同じです。

  • リバー
  • ディールの最後の段階で、又1枚のコミュニティカードが配られ、行動は前と同じです。

  • ショー・ダウン
  • リバーの後2人以上のプレイヤーが残るとお互いにハンドを見せます。ディーラーの左隣のプレイヤーが最初のカードを見せます。最強のハンド(コミュニティカードを含み)を持つプレイヤーが勝ちます。

3. ポーカーハンドの一覧・共通ルール・テキサスホールデム、オマハホールデム、セブンカード・スタッド、ファイブカード・ドロー

タイトル ポーカーハンド 確率*
ロイヤル・フラッシュ ~ 0,00000154か1/649740
ストレート・フラッシュ ~ 0,0000154か1/72913
フォー・オブ・ア・カインド ~ 0,00024か1/4165
フルハウス ~ 0,00144か1/694
フラッシュ ~ 0,00197か1/509
ストレート ~ 0,00392か1/255
スリー・オブ・ア・カインド ~ 0,0211か1/47
ツーペア ~ 0,0475か1/21
ペア ~ 0,423か1/2.4

※52枚のカードのデッキからランダムに配られた5枚のハンドの確率

4. ポーカーの腕をどうやって上げられるの?

1。練習。いいプレイヤーになるために経験を集めなければなりません。相手を「読む」や自分のハンドの強さを把握できるようになるには時間がかかります。無料で練習できるチャンスが多数あります。JohnnyBetのポーカーリーグはおすすめです。入金をせずに練習していただけるだけではなく、賞金も獲得できます。(詳しくは以下の章をご覧ください)

2。精神状態。基本ルールを勉強すれば、ある程度の経験を集めたら、本物のポーカーのプレイヤーになるためにもう一つのコツを覚えていただきたいです。精神状態は重要で、気持ちがよくないか、眠いか疲れた時にプレイしなかった方がいいです。酔っ払った時にも一切プレイしないこと。邪魔されたらプレイするのをやめるといいです。さもなければ利益が取れなくなりますから。

5. JohnnyBetのポーカーリーグ

ポーカーリーグとはJohnnyBetのパートナーのポーカールームで行われるJohnnyBetのメンバーのためのポーカートーナメントのことです。各サイクルは最高4つのイベント(1週1回)です。4つのトーナメントの後、トップのプレイヤーが獲得できたポイントによりマスター・トーナメントへ進み、付加的な賞金が獲得できます。コンテストに参加するため、johnnybet.com/communityにアカウントを登録し、コンテストを選択し参加できます。詳しくは各コンテストのルールをご覧ください。

コメント ポーカーヘルプ

コメント (0)
責任を持ってプレイ