スポーツベッティング

スポーツベッティング

スポーツベッティングあるいはブックメーカーと言ったら日本ではあまりなじみ深くないかもしれませんが、「ギャンブル」とはちょっと違った使い方をします。日本の場合ギャンブルと言ったら競馬競輪などの公的の物を示しますが、海外のスポーツベッティングあるいはブックメーカーは企業が執り行っています。ここでは海外の主だったスポーツベッティングの特徴を徹底比較していきたいと思います。

「どこもあまり違いがないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、その小さな違いが大きな差を生むこともあります。

1. bet365

Bet365世界トップクラスのブックメーカーでありとあらゆるスポーツベッティングを取り扱っています。

個人的意見を言わせてもらうと他のブックメーカーに比べアメリカのスポーツに力を入れている感が強く、アメフト野球を賭けたい人はbet365を使用するといいかもしれません。

また、かけ方のバリエーションが多く、試合を見ながら賭けをしたいという人はbet365を使うといいかもしれません。

2. ウィリアムヒル

ウィリアムヒルと言ったらブックメーカーの知名度で言ったら世界一ではないでしょうか。

よく「ワールドカップのオッズが出ました!」とか「レスターは5000倍のオッズが付けられていました」なんてニュースになる際のオッズはこのウィリアムヒルから抜粋したものばかりです。

特にサッカーに限って言えばウィリアムヒルの右に出るブックメーカーはなく、使いやすさもNO1だと思います。

もちろんサッカー外のスポーツも充実していて24時間何らかのスポーツベッティングができることがほとんどです。スマートフォンからでも気軽にかけることができます。

3. ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツ日本語対応をしていてオッズが他と比べていいことが多いので日本人にとって一番扱いやすいブックメーカーかもしれません。

スポーツベッティングの種類は多く、日本のスポーツで言うとJ1、J2なども取り扱っています。

他のブックメーカーより自社の取り分を少なくしているという特徴がある為、同じ勝ちでもピナクルスポーツでの勝ちの方が得するケースが多々あります。

4. まとめ

ブックメーカーを使ってスポーツベッティングをする際に二つ以上のブックメーカーのオッズを見たほうがいいと思いますよ。ちょっとでも有利になるほうで賭けたら勝った時の配当に大きな違いがあるかもしれません。

とくにピナクルスポーツの場合登録だけでもしておくのをお勧めします。

コメント スポーツベッティング

実際のお金で
現金で, お金で
おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ