スポーツブックメーカー メジャーリーグ

スポーツブックメーカー メジャーリーグ

スポーツでギャンブルと言ったらサッカーが真っ先に思い浮かべられるかもしれませんが、実はメジャーリーグもあらゆるスポーツブックメーカーの賭けの対象となっています。

しかも試合前にかけるだけでなく、試合中にも賭けることができます。ここではウィリアムヒルbet365ピナクルのブックメーカーの紹介をしたいと思います。

1. ウィリアムヒル メジャーリーグ

ウィリアムヒルでのメジャーリーグのかけ方はいくつかありますが、メジャーリーグのトップ画面でのかけ方は三つあります。一つは単純にどちらが勝つかというかけ方です。そしてもう一つがハンデを与えられた場合です。これは強いチームのスコアから-1.5もしくは弱いチームのスコアに+1.5した場合どちらが勝つかという賭けの方法です。最後が勝敗は別としてトータルのスコアが8.5点以上行くか(試合によっては9.5であったり、10.5であったりします)。

例えば強いチーム対弱いチーム、もしくは凄いピッチャーが出る時などオッズに開きが出てきます。

2. bet365 メジャーリーグ

bet365のメジャーリーグのかけ方ははっきり言って無限大です。3イニングまでにどちらのチームが勝っているか、1イニングのヒット数は何本かなどデータにできるあらゆるものを賭けの対象としています。例えば「1イニングのヒット数が2本ぴったり」というオッズは大体3.75倍程度ついています。ヒット数が2本というのは結構起こりうる確率なのでこれに永遠とかけていっても根気強くやっていけば得する可能性が高いです。Bet365のメジャーリーグでいろいろなかけ方を模索して自分なりの必勝法をつかむことができるかもしれませんよ!

3. ピナクルスポーツ メジャーリーグ

あまりメジャーリーグを厚あっている印象はありません。しかし、上記二つのブックメーカーと比べオッズに開きがあることがしばしばあります。「この試合は堅いんじゃないか!」という場合にウィリアムヒル、bet365と比較してピナクルスポーツの方がオッズがいい場合こちらで賭けても手だと思います。さらに賭けの対象が少ない分、一目でどういった賭けをすればいいのかが分かります。初心者に分かりやすく、試しにメジャーリーグを賭けてみるという人にはお勧めです。

4. まとめ

野球はヨーロッパでは日本やアメリカほどなじみがない為各ブックメーカーによって仕様がずいぶん異なります。さらに日本人は野球に慣れ親しんでいるからサッカー以上に「こうなるんじゃないか?」というアイデアが浮かびます。

プロ野球が好きな人はちょっとメジャーリーグを勉強したらすぐにブックメーカーの扱いにも慣れることでしょう!

ちなみにプロ野球にもかけたいなら、こちらの記事はおすすめです。

コメント スポーツブックメーカー メジャーリーグ

実際のお金で
現金で, お金で
おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ