ブンデスリーガ 2022 / 2023 ネット放送

筆者:JohnnyBet
ブンデスリーガ 2022 / 2023 ネット放送

ブンデスリーガ 2022 / 2023 ネット放送はどこで視聴できるのか、お探しだった方はいらっしゃいますか?ブンデスリーガ 22/23は、2社が独占配信権を持っているので、視聴方法がかなり限定されているリーグです。そもそもブンデスリーガとは、ドイツのプロサッカーリーグのことで、ドイツ語では「Bundesliga」と書きます。「Bundes」とは、連邦のことを指し、「liga(リーガ)」とはリーグのことです。

このようにドイツではなく連邦リーグとなっているのは、当初スイスやオーストリアなどの連邦諸国も含めたリーグにする目的があったからなんだそう。ドイツサッカーリーグ が運営している1部と2部は、それぞれ18クラブ、ドイツサッカー連盟 が直接運営している3部は20クラブあり、合計56クラブが所属しているリーグとなっています。今回は、そんなブンデスリーガ 2022/2023の視聴方法を解説していきます。

1. ブンデスリーガ 2022 / 2023 ネット放送の視聴方法

上記でもご紹介したとおり、ブンデスリーガ 2022 / 2023の視聴方法はかなり限定されています。日本の放送局のなかで、ブンデスリーガと濃い関係を築いているのが、スカパー!オンデマンドです。スカパー!オンデマンドは、ブンデスリーガに対して、2020/21シーズンから2024/25年シーズン分までの独占放送権・配信権を取得しているので、しばらくは、スカパー!オンデマンドもしくは、スカパー!オンデマンドと提携している放送局(BS日テレ)からのみ、配信が行われることが決まっています。

また、他の方法としてAmazon Prime Videoのチャンネルからです。『ブンデスリーガLIVE』か『サッカーライブライト』でブンデスリーガ22/23の配信を提供しています。Amazon Primeでは30日間の無料のトライアル期間があり、ブンデスリーガLIVEとサッカーLIVEライトでは7日間の無料トライアルがありますので、一週間しかブンデスリーガ22/23の無料放送を楽しめます。

2. ブンデスリーガ 2022 / 2023 配信を提供するおすすめのブックメーカー

ブンデスリーガ 2022 / 2023の無料中継を視聴するのであれば、ブックメーカーでもでるので、とてもお勧めです。ブンデスリーガ 2022 / 2023を見るのはテレビの代わりに、ブンデスリーガ 22/23のライブ配信を見ながら、お気に入りのチームに賭けてお金を稼ぐというはるかに楽しい体験をすることができます。

数あるブックメーカーのうち、ブンデスリーガ2022-2023の放送を提供する可能性あるブックメーカーは、William Hill、1XBET、BET365の3社です。日本で有名なJリーグのブックメーカーとしても人気があります。どのブックメーカーも規模が大きく運営元がきちんとしたライセンスを持った大手の会社なので安心して利用できるのはもちろんのこと、スポーツの種類やベッティングの項目が豊富で、ベテランの方でも飽きずに賭けを楽しむことができます。

各ブックメーカーの詳細を見てみるとWilliam Hillと1XBETに関しては、サイトとサポートが日本語に対応しているので、日本人にはもってこいのブックメーカーと言えます。一方のBET365は、わかりやすいサイトが好評なブックメーカーで、言葉が理解できなくても支障なくスムーズに登録からベッティングまで一連の流れを追えられるブックメーカーとなっています。さらに、ライブベッティングも行っているため、少額でも残高に入金されていれば、ブンデスリーガ22/23の試合をフルで無料で視聴できるというサービスもあります。

こちらのサイトではブンデスリーガだけでなく、JohnnyBetの記事で紹介したプレミアリーグ 2022 / 2023 ライブ中継ぜひご確認ください。上記でご紹介した、ブンデスリーガ 2022 / 2023 ネット放送の視聴方法を参考に、是非皆さんもライブベッティングをしながら、試合を視聴してみてください。

コメント ブンデスリーガ2022/2023ネット放送
コメント (0)
責任を持ってプレイ