JohnnyBet.com ja

Jリーグのブックメーカー

筆者:JohnnyBet
Jリーグのブックメーカー

Jリーグのブックメーカーとして、ベッティングの際に安心して利用できるブックメーカーはどれか知りたいですか?現在オンライン上にある数多くのブックメーカーでは、サッカーをはじめ、多くのスポーツにベットすることができますが、日本語に対応している大手ブックメーカーであっても、日本のリーグに賭けられるブックメーカーはまだまだ少ないです。

というわけで今回は、普段から応援している日本のチームや選手にベットして応援したいという気持ちをお持ちのJリーグサポーターのみなさんに向けて、Jリーグにおすすめのブックメーカーやベッティングの種類、実際にベットをしたあとでどのように試合を視聴すれば良いか、その視聴方法まで、詳しく解説していきます。

1. Jリーグにおすすめのブックメーカー

Jリーグのベッティングをする上で重要になるのが、どのブックメーカーを利用してベットを行うかです。Jリーグにお勧めのブックメーカーとしてJohnnyBetが皆さんにおすすめするブックメーカーは、bet365、William Hill、Pinnacle、1XBET、Bons Casinoです。

これらのブックメーカーは、Jリーグにベットできる数少ないブックメーカーであるだけでなく、世界的に信用されているライセンスを持って運営されている点や、セキュリティやサポートがしっかりしている点からも、安心して利用することができます。それぞれ異なる魅力があるブックメーカーですので、以下で詳しくご紹介します。

1.1 William Hill

1934年に設立され、業界最古の老舗ブックメーカーとして多くの経験や実績を持っているブックメーカーといえば、William Hillでしょう。マルタ(英国外)、ジブラルタル、英国ギャンブル委員会(英国内)といったライセンスを持つイギリス最大のブックメーカーであり、上場された経験や全豪オープンやNBA、イングランドサッカー協会などのスポンサー活動も積極的に行ってきた企業です。

これらの経験からも、オンライン上で無数に存在するブックメーカーの中でも特に安全性が高く、信用度が高いことがわかります。業界最大規模であるため、William Hillでプレイできるカジノゲームやスポーツベッティングの内容は大変充実しており、初心者だけでなくベテランのプレーヤーであっても、その日の気分にあったものを見つけられるでしょう。

サイトやカスタマーサポートが日本語に対応しているだけに、ウィリアムヒルは日本でも利用者の多いブックメーカーとなっています。

1.2 bet365

1974年に設立され、2001年に早くもオンラインでの提供をスタートさせたbet365は、William Hillと同様に業界最大規模を誇るブックメーカーです。ジブラルタル政府のライセンスを取得しており、サッカーチームのスポンサーを務めるなど、信頼性のあるブックメーカーと言えます。

ベットできるスポーツの種類の多さも去ることながら、一つの試合で1000以上のベットが提供されていることもあり、ベッティングの選択肢がとにかく豊富です。また、スポーツだけでなく、多くのゲーミングプロバイダーと提携していることで多くのカジノゲームも提供されており、スロットゲームだけで1500種類あります。

以前は日本語に対応していませんでしたが、今は日本語にも対応するようになったので、日本人プレイヤーでも不便なく操作することができます。

1.3 Pinnacle

初心者だけでなく、プロにも愛されるブックメーカーと言えばPinnacleです。Pinnacleを利用する一番のメリットは、常に業界最高オッズを提供していることです。還元率は97%から98%とも言われ、どれだけ勝っても出禁にならないため、ユーザー想いのブックメーカーとしてユーザー支持の高いブックメーカーとなっています。

設立は1998年で25年以上の歴史を持ち、マルタとキュラソー両方のライセンスを保持しているため、セキュリティー面、サポート面がしっかりしています。高額ベットも可能なので、ハイローラーの方にもおすすめです。

市場で最高のボーナス
最高のスポーツベッティングオッズ

1.4 1XBET

2007年にロシアで設立され、2020年から日本市場への参入を果たした1XBET。アカウント登録が簡単で決済方法も豊富、出金スピードも早い上に、約130以上のプロバイダーと提携しておりコンテンツも充実している、利便性が高いブックメーカーとなっています。

仮想通貨対応カジノとして、仮想通貨愛好家が多く利用するだけでなく、入金金額の上限が設定されていないため、たくさんの軍資金を携えてベットやゲームを楽しむことができます。

日本ならではのスポーツやリーグにベットできるのはもちろん、他にもマイナーなスポーツにベットすることができるので、是非どのようなオッズが提供されているのか確認してみてください。

1.5 Bons Casino

今回ご紹介するブックメーカーの中で一番若いブックメーカーが2020年に設立されたばかりのBons Casinoです。上記でご紹介したブックメーカーと比較すると経験も実績も少ないのですが、キュラソー島のライセンスを取得し、厳しいルールのもと運営されている安全なブックメーカーです。

毎月純損失額の最大35%が返金されるキャッシュバックボーナスや、登録するだけでもらえる入金不要ボーナス、通常の入金ボーナスに、シーズンに合わせたトーナメントやプロモーションなど、ボーナスが豊富でお得にプレイできるブックメーカーとなっています。

仮想通貨に対応した決済方法、ゲーム数の多さ、24時間いつでも日本語でサポートしてもらえる点など、若いブックメーカーであることを感じさせない優良ブックメーカーです。

Jリーグのブックメーカー

bet365
bet365
ボーナス スポーツ
最大¥10000ベットクレジットボーナス
William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ
100%最大100$/10,000円ウェルカムボーナス
プロモコード
Pinnacle
Pinnacle
ボーナス スポーツ
最高のスポーツベッティングオッズ
1XBET
1XBET
ボーナス スポーツ
最大¥143,000の220%初回入金ボーナス
プロモコード
Bons
Bons
ボーナス スポーツ
初回入金200%ボーナスとフリーベット
ボーナスコード

2. Jリーグの賭け方の種類

Jリーグのおすすめのブックメーカーをご紹介したところで、次は、実際にJリーグの賭けをする際にどのようなオッズに賭けることができるのか、そのオッズについて解説していきます。

まずは、王道ベットと呼ばれるような基本的にどのブックメーカーでも提供されているベットの種類ですが、Jリーグの優勝予想、各試合の勝者予想、試合の総合得点や各チームの得点、どの選手が得点を決めるか、などがあります。

ベッティング中級者、上級者向けのもう少し込み入ったベット内容としては、スコアと勝敗のダブル予想やそのチームが無失点勝利となるか、そもそもどちらかのチームがゴールを決めるのか、⚪︎回目のゴールはどちらのものになるか、試合の中でコーナーキックは何回行われるか、はたまた明らかに強い一方のチームにハンデを与え予想の難易度をあげたハンディキャップと呼ばれるベット方法もあります。

また、オンラインベッティングのサービスを提供しているブックメーカーでは、次のPKを入れるか外すかなど、次の展開にオンタイムで賭けることができるよりスリリングなベットを楽しむこともできます。

Jリーグだけでなく、他の日本のスポーツへのベットに関心ある方はスポーツ賭けガイドという記事も合わせてご覧ください。

3. Jリーグの視聴方法

Jリーグ 2024 を視聴する方法ですが、J1、J2、J3全試合生中継を行っているのは、DAZNのみとなります。そのため月額料金を支払ってDAZNに契約する必要があります。リアルタイムでの放送はもちろんですが、見逃し配信サービスも提供されているので、どうしてもオンタイムで試合を視聴できないという時に役立ちます。

一番気になるのはJリーグ無料中継だと思いますが、今のところでは完全に無料な視聴方法がなさそうです。地上波での放送はほとんどありませんが、稀にNHK総合や試合出場チームのクラブ本拠地のローカルテレビなどで試合を放映している場合があります。

日本リーグにお勧めのブックメーカーの中にも、Jリーグのストリーミング配信をしているブックメーカーが存在します。bet365や1XBETでは、トップページのライブメニューからライブセクションへ行き、試合の中継を見ながらベットの結果を確認することができます。

4. J1 2024 予想と最新結果

J12023も終盤に差し掛かってきました。最新の結果では、1位がヴィッセル神戸、2位が横浜Fマリノス、そして3位に浦和レッズが続いていますが、1位のヴィッセル神戸と2位横浜Fマリノスの勝ち点の差は8点、2位横浜Fマリノスと3位に浦和レッズの勝ち点の差は4点となっており、それぞれまだ逆転が可能な位置につけています。

Jリーグ1で優勝するチームはどれですか?のベストオッズ
ヴィッセル神戸
横浜F・マリノス
浦和レッズ
名古屋グランパス
すべてのオッズを表示する
最新アップデート: 1698241179

J12023予想ですが、有力候補はヴィッセル神戸と横浜Fマリノスでしょう。ヴィッセル神戸は、無駄に繋がずしっかりとした守備で相手の攻撃を防ぐと共に、ボールキープ力にも強みがあり相手の隙をついて一瞬のチャンスをものにすることができるチームとなっています。

一方の横浜Fマリノスは、昨年の優勝時ほどの推進力は見受けられないものの選手層の厚みがしっかりしているため、主力選手の離脱にもきちんと対応し、前線の選手を中心に、カウンターや連携プレーで得点に結び付けられています。シーズンも終盤となったJリーグ2023、Jリーグのブックメーカーでどのチームが優勝するか、皆さんもベットして応援しましょう!

コメント Jリーグのブックメーカー
コメント (0)
責任を持ってプレイ