Jリーグのブックメーカー

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
Jリーグのブックメーカー

Jリーグのブックメーカーはどこがおすすめ?ということで、今回は、Jリーグの試合のベッティングを行う際に是非利用したいブックメーカーをご紹介します。試合を観戦しながらJリーグのブックメーカーで賭けると、応援への熱の入り方や興奮が倍以上になります!また、Jリーグのベッティングをしたことがないという方にも、初心者専用のブックメーカーをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

1. Jリーグにおすすめのブックメーカー

Jリーグのベッティングをする際にお勧めのウェブサイトは、William Hill、Bet 365、1XBET、Pinnacle Sportsの4つです。それぞれ詳しく解説していきたいと思います。このブックメーカーで獲得できるボーナスなどについて知りたい場合、お勧めのブックメーカーの登録ボーナスについて読んでください。

1.1 William Hill (ウィリアムヒル)

まず1つ目にご紹介したいブックメーカーは、William Hillです。オッズ紹介では日本のメディアにピックアップされることもあるため、日本でも知名度が高いブックメーカーです。サポート体制がしっかりしている点や、数あるブックメーカーの中でもいち早く日本語に対応させて運営しているため、安心や信頼面での評価が高いブックメーカーとなっています。ウィリアムヒルの歴史を振り返ってみると、その歴史はとても長く、1934年に設立されました。そんなこともあり、ブックメーカーの本場のイギリスでも老舗ブックメーカーとして扱われています。さらに、ウィリアムヒルの歴史に野村証券が関わっていた事もあり、日本と繋がりのあるブックメーカーと言えます。

1.2 Bet365

2つ目にご紹介したいブックメーカーは、Bet365です。こちらのブックメーカーは、イギリス政府公認の世界最大規模のブックメーカーで、種類の充実度とライブベッティングを行っていることから、多くのユーザーからの人気を得ています。残高にお金さえ入っていれば、ベッティングをしなくても試合のLIVE配信をサイトから見れてしまうという、ユーザーには嬉しいサービスがあったり、オッズの変動が一瞬で反映されるため、通常起こりうる、オッズ変動中に試合を賭けられないなんていうこともありません。様々なスポーツのベッティングが用意されているのはもちろんのこと、様々な内容の賭けができるため、初心者だけでなく、長年ベッティングをしてきたという方も飽きることなくベッティングを楽しめるブックメーカーとなっています。

1.3 1XBET

3つ目にご紹介したいブックメーカーは、東ヨーロッパ最大規模を誇るブックメーカーである1XBETです。2007年に設立されて以来、オンライン上でも実店舗でもユーザーを増やしていき、ロシア国内では現在1,000店舗以上の実店舗が運営されています。こちらのブックメーカーも1つ目でご紹介したWilliam Hill (ウィリアムヒル)と同様にサイト・サポート共に日本語に対応しているので、安心して利用することができます。また、サービスは日本を含め50ヵ国以上に対応していたり、豊富なプロモーションが用意されているので、日本の利用者から好評を得ているブックメーカーです。スポーツベットに関しては、世界中の大会が賭けの対象となっており、日本のスポーツはもちろん、マイナーな競技やなかなか地上波では見ることがないようなマイナーな試合も取り扱っているのでおすすめです。

1.4 Pinnacle Sports

4つ目にご紹介したいブックメーカーは、1998年に設立されたオンラインゲームサイトである、Pinnacle Sports(ピナクルスポーツ)です。ピナクルスポーツは、20年以上もの間、「最高のスポーツプレミアベッティングオッズ」を掲げるなどして、数あるブックメーカーの中で、最も高い還元率と高いオッズを提供していることで有名なブックメーカーです。そのため、プロのベッターから厚い支持を得ています。そんなPinnacle Sports(ピナクルスポーツは、近年プロリーグが、中国や韓国のみならず、世界中で急速に発展して行っているeSportとバーチャルスポーツのベットの紹介を豊富にしていたり、サイト内のブログ記事にベッティングガイドなど賭けに役立つ記事が多く投稿されています。

2. Jリーグの賭け方の種類は?

Jリーグのベッティングでは、各種ブックメーカーが様々な賭け方を用意しています。

どのチームが勝つかという優勝予想はもちろんのこと、得点数を賭けたり、誰がゴールを決めるのか、選手名に賭ける事ができたり、両チームの合計得点やPKになった場合に特定の選手がPKを決めるか外すかを賭けることもでき、ベッティングをすることでただ試合を観戦する以上の興奮や感動が得られます。

是非この機会にこの記事でご紹介したような、Jリーグのブックメーカーに登録して、さっそくJリーグのベッティングにトライしてみてください。

3. Jリーグの視聴方法

まずはじめに、Jリーグの視聴方法をご紹介したいと思います。ライブベットを行っているブックメーカーでは、ブックメーカーのサイト上で試合を生視聴できるというサービスもあります。なのでまず私たちがお勧めしたブックメーカーのウェブサイトをぜひご確認ください!1XBETでは登録するだけで色々なスポーツのライブストリーミングが楽しめるので、見逃してはいけません。それについてはJohnnyBetが紹介したJリーグ無料中継の記事でもっと詳しく読むことができます

DAZNがおすすめです。DAZNでは、月額1,925円(税込)で、Jリーグ(J1・J2・J3)の全試合を視聴できます。LIVEだけでなく、見逃し配信やダイジェストやハイライト配信も行っているので、用事があって試合をオンタイムで見られなかったという方も、忙しくて試合全部を見ている暇はないけれど、見所だけをかいつまんで見ておきたいという方にもおすすめなオンデマンドです。1ヶ月トライアルのキャンペーンがあり、加入から1ヶ月間は無料で全試合を視聴できます。

試合が近くなると、放送局や日時など、試合の放送予定に関する詳しい情報がオンラインで確認できるようになります。どこの放送局が中継を担当するかは、試合に出場するチームによって異なりますが、基本的には、NHKBSや、出場チームが活動している県のローカルテレビ地上波で放送しています。

4. Jリーグの予想と最新結果

最新のJリーグ(J1リーグ)の順位は以下のとおりです。

昨シーズン、川崎フロンターレは2017年、18年に続く3度目のJ1リーグ制覇を果たし、絶好調のまま今シーズンを迎えました。今シーズンも優勝となれば、昨シーズンに続き2連覇、そして4度目の制覇となります。

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 川崎フロンターレ 75 30 23 6 1 65 20 45
2 横浜F・マリノス 66 30 20 6 4 66 28 38
3 名古屋グランパス 57 31 17 6 8 35 23 12
4 ヴィッセル神戸 54 29 15 9 5 44 26 18
5 浦和レッズ 54 30 16 6 8 35 27 8
6 鹿島アントラーズ 53 31 16 5 10 52 32 20
7 サガン鳥栖 51 30 14 9 7 38 26 12
8 アビスパ福岡 46 30 13 7 10 37 31 6
9 FC東京 46 31 13 7 11 42 39 3
10 サンフレッチェ広島 42 31 10 12 9 37 31 6

是非この機会に上記でご紹介したような、Jリーグのブックメーカーに登録して、さっそくJリーグのブックメーカーにトライしてみてください。

コメント Jリーグのブックメーカー
コメント (0)
責任を持ってプレイ