Jリーグのブックメーカー

筆者:JohnnyBet
Jリーグのブックメーカー

Jリーグのブックメーカーをお探しですか?ほとんどのブックメーカーでは、海外で人気のスポーツや大会にベットできますが、日本のリーグにベットできるブックメーカーは少ないのが現状です。今回は、日本人ユーザーの「Jリーグにもベットしたい!」という願いを叶えてくれる、日本サッカーにお勧めのブックメーカーを詳しくご紹介していきます。Jリーグ 2022 にベットすることで、ただ応援する時以上のスリルや感動を味わえますので、是非参考にしてみてください。

1. Jリーグにおすすめのブックメーカー

Jリーグにお勧めのブックメーカーとしてJohnnyBetがご紹介するブックメーカーは、Bet365、William Hill、Pinnacle、1XBET、Bons Casino、TedBetの6社です。どのブックメーカーもきちんとライセンスを取得して運営されているので、安全性やサポート体制がしっかりしており、安心して利用することができます。以下では、各ブックメーカーの特色についてご紹介します。

1.1 William Hill

老舗ブックメーカーであるWilliam Hillは、イギリス最大のブックメーカーと言われており、設立は1934年です。William Hillの魅力はカジノ、ビンゴ、ポーカーなどで利用できるお得なボーナスオファーのバラエティが豊富な点や、ベットできるスポーツの種類が豊富な点です。長年の経験やノウハウがありサービスも充実しているため、世界中にユーザーを抱えるマンモス級ブックメーカーです。オッズ紹介では日本のメディアにピックアップされることもあるため、ウィリアムヒルは日本でも知名度が高いブックメーカーです。

1.2 Bet365

Bet365は、2001年から運営されている業界トップクラスのブックメーカーで、ストークシティのスポンサーを務めていたこともあり、ヨーロッパでの知名度がとても高いです。2021年の8月よりサイトが完全日本語対応になり、日本のマーケットでもシェアを拡大しつつあります。Bet365の魅力は、1500種類を超える豊富なスロットゲームがある点と、王道のスポーツ/試合以外のマイナーな試合にもベットできる点です。ベット項目についても珍しいベット項目が提供されているため、ベテラン初心者に関わらずベットを飽きずに楽しむことができます。

1.3 Pinnacle

1998年に設立されたPinnacleの1番の魅力はなんと言っても業界最高のオッズでしょう。還元率が97%〜98%という驚異的な数字で、ユーザー思いのブックメーカーと言えます。加えてマルタ・キュラソーのライセンスも取得しているため、信頼性も高いブックメーカーです。シンプルさとわかりやすさを極めたPinnacleは、プレーヤーが勝つことに対しても寛容で、ユーザーがどれだけ勝ってもサイト利用を禁止されることはありません。

Pinnacleでのスタンダードのボーナス
最高のスポーツベッティングオッズ

1.4 1XBET

1XBETの長所は、アカウント登録がとにかく簡単にできること、入出金金額の上限が設定されていないこと、決済方法に仮想通貨が使用できることなどです。決済関連のサービスに強く、特に仮想通貨を使用してベットしたいというユーザーに人気のブックメーカーとなっています。Jリーグのベットがあることからもわかるように、世界的に見てマイナーな大会や試合にもベットすることができます。「ベットで日本を応援」というタイトルを押すと、日本チームが出場する全試合が表示され、そこから簡単にベットすることもできます。

1.5 Bons Casino

Bons Casinoは、2020年に日本人ユーザー向けに開設されたブックメーカーです。入金不要ボーナスをはじめとしたボーナスの内容やコンテストの賞品が豪華で充実しています。決済方法は全20種類の中から選ぶことができ、仮想通貨にも対応しています。サポートについても24時間年中無休で日本語に対応しているので、いざという時にも安心です。

1.6 TedBet

TedBetは、Bonsカジノの姉妹サイトとして2022年5月に開設されたばかりの新しいブックメーカーです。約60社ものゲームプロバイダーと提携しているため、業界最大級のゲーム数を提供するブックメーカーとして、人気を集めています。Jリーグのみならず日本のプロ野球にもベット可能であったり、ボーナスに最大賭け金が設定されていないため、ボーナスで一気に賭けに出ることもでき、飽きずに楽しめるブックメーカーです。

Jリーグのブックメーカー

Bet365
Bet365
ボーナス スポーツ
最大¥10000ベットクレジットボーナス
ボーナスコード
JBVIP
William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ
100%最大100$/10,000円ウェルカムボーナス
プロモコード
BETEXVIP
Pinnacle
Pinnacle
ボーナス スポーツ
最高のスポーツベッティングオッズ
VIPコード
JOHNNYBET
1XBET
1XBET
ボーナス スポーツ
最大¥15,990の100%初回入金ボーナス
ボーナスコード
JOHNNYBET
Bons Casino
Bons Casino
ボーナス スポーツ
3000JPY初回入金ワールドカップ限定ボーナス
ボーナスコード
JBWC
TedBet
TedBet
ボーナス スポーツ
3000円初回入金ワールドカップ限定ボーナス
ボーナスコード
JBWC20

2. Jリーグの賭け方の種類

上記では、日本サッカーに賭けられるブックメーカーとその特徴についてご紹介してきましたが、ここではJリーグに賭けられるブックメーカーで、どのような賭けができるかをみていきましょう。王道のベット内容といえば、スコア予想、得点者予想、勝敗予想ですが、これらの内容のベットに加えて、両チームの総合得点や両チームがゴールを決めるかどうかの予想、特定チームの合計得点、スコアと勝敗のダブル予想、無失点勝利、2点目のゴールがどちらのチームのもの合計コーナーキック数、逆転勝利はあるかないか、などのベットが用意されています。更にJリーグや他の日本スポーツの賭けについて気になるという方は、是非スポーツ賭けガイドという記事もご覧ください。

3. Jリーグの視聴方法

Jリーグ 2022 を視聴する方法ですが、J1、J2、J3全試合生中継を行っているのは、DAZNのみとなります。そのため月額料金を支払ってDAZNに契約する必要があります。リアルタイムでの放送はもちろんですが、見逃し配信サービスも提供されているので、どうしてもオンタイムで試合を視聴できないという時に役立ちます。

一番気になるのはJリーグ無料中継だと思いますが、今のところでは完全に無料な視聴方法がなさそうです。地上波での放送はほとんどありませんが、稀にNHK総合や試合出場チームのクラブ本拠地のローカルテレビなどで試合を放映している場合があります。

日本リーグにお勧めのブックメーカーの中にも、Jリーグのストリーミング配信をしているブックメーカーが存在します。Bet365や1XBETでは、トップページのライブメニューからライブセクションへ行き、試合の中継を見ながらベットの結果を確認することができます。

4. J1 2022 予想と最新結果

いよいよ11月5日にJ12022シーズンラストの試合が開催されます。J1 2022 に賭けられるブックメーカーでJリーグをベットするにあたって、欠かせない最新の順位から確認していきましょう。最新の結果を踏まえた最新の順位は1位が横浜F・マリノス、2位が川崎フロンターレ、3位がサンフレッチェとなっています。優勝争いは65ポイントを獲得している横浜F・マリノスと2点の差を追いかける川崎フロンターレの2チームで行われます。過去15シーズンのうち11シーズンで、終盤で首位にいるチームがそのまま優勝していることからも一番の優勝候補は、マスカット監督率いる横浜F・マリノスといえそうです。そんな横浜F・マリノスの強みは、攻撃陣の巧みなプレイ。スルーパスをうまくいかしながら、すでにリーグ最高となる67得点を決めています。クロスからのシュートの精度をこのまま保てれば間違いなく、横浜F・マリノスが2019年以来の優勝となるでしょう。

一方、3連覇を狙うフロンターレは、昨シーズンの圧倒的な強さに比べて、今シーズンの序盤の滑り出しは安定感に欠ける試合が多かったものの、順調に調子をあげ、現在は1位の横浜F・マリノスに次ぐ2位の座についています。得点数も62点となっており、こちらも攻撃に強みを持っています。セットプレーから得点へつなげる流れが得意なチームなので、良い位置からセットプレーを始められるかがとても大切になってきます。Jリーグのブックメーカーでベットする際には、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

コメント Jリーグのブックメーカー
コメント (0)
責任を持ってプレイ