eスポーツブックメーカー

eスポーツブックメーカー

今回の記事では、最近日本でも認知度が高まってきているeスポーツに賭けることのできる、主要ブックメーカー3社を比較したいと思います。eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略で、複数のプレイヤーで対戦する、ビデオゲームの試合のことを意味します。欧米をはじめとして、中国や韓国でも人気が出てきており、世界競技人口は5500万人を超えると言われます。eスポーツベッティングでは、他のスポーツベッティングと同様、勝つと予想されるチームへ賭けます。

今後日本でもeスポーツの認知度が上がると思われるので、今回はそんなeスポーツブックメーカー3社、ウィリアムヒル、bet365、Pinnacleを比較しましょう。

1. ウィリアムヒル eスポーツ

ウィリアムヒルでeスポーツベッティングを始める際、プロモコードBETEXVIP」を記入すると特別なボーナスを受け取ることができます。

ウィリアムヒルで賭けることのできるeスポーツは、リーグ・オブ・レジェンドカウンター・ストライクDota2オーバーウォッチハースストーンなど7種類あります。主要なゲームはカバーしているため、初めての人でも始めやすいと言えます。特にリーグ・オブ・レジェンドに関しては7つもの大会を網羅しています。

2. bet365 eスポーツ

bet365でeスポーツベッティングを始めると、「JBVIP」というボーナスコードを利用すると初回入金に対して最大100ドルのボーナスを受け取ることができます。

bet365で賭けることのできるeスポーツは、リーグ・オブ・レジェンドカウンター・ストライクDota2オーバーウォッチSCIIハートストーンなど7種類あります。この中で特にカウンター・ストライクに関しては、8つもの大会を網羅しており、カウンター・ストライクの試合にベットしたいという方にはおすすめです。また3つの中でSCIIに賭けられるのはbet365だけです。

3. ピナクル eスポーツ

Pinnacleで賭けることのできるeスポーツはカウンター・ストライクリーグ・オブ・レジェンドワールド・オブ・ウォークラフトの3種類になります。世界最大のオンラインMMOであるワールド・オブ・ウォークラフトに賭けることができるのは、この3つのブックメーカーの中でPinnacleだけです。またeスポーツベッティングで活用できる情報を提供する記事も公開しているため、それらを参考にしながらベッティングを楽しむことができます。

コメント eスポーツブックメーカー

実際のお金で
現金で, お金で
おすすめの記事:
コメント (1)
最後のコメント Swougge Swougge ワールド・オブ・ウォークラフトめっちゃ賭けてー ...
責任を持ってプレイ