Jリーグ ネット中継

Jリーグ ネット中継

約一カ月に渡って開催された2018ロシアワールドカップもフランスの優勝で終わりました。出場32チームが国の威信をかけて戦う試合は見る人に大きな感動を与えました。日本代表は大会直前の監督解任や、昨今の代表の成績不振などで、大会前は批判の声が上がり、国民も今大会は期待できないといった雰囲気に包まれていましたが、引き継いだ西野新監督が短い期間でチームをまとめ上げ、見事にグループステージを突破して決勝トーナメント進出を果たしました。ベスト16でベルギーとの死闘に敗れて敗退しましたが、日本中、いや世界中の人に感動を与えてくれたと思います。

1. Jリーグ 順位について

さて、そんなワールドカップの感動の余韻がある中、6月18日よりJリーグが再開いたします。現在のJ1リーグは15試合を終えて、広島が勝ち点37で首位、2位のFC東京と9ポイント差となっていて、頭一つ抜け出した存在になっています。しかし2位以下は混戦で、2位東京から5位の札幌までが4ポイント差の間にひしめき合っています。

AFCの権利獲得が3位以内ですから、上位争いも目が離せません。そしてなんといっても今年は残留争いが熱いです。現在降格圏内は16位ガンバ大阪、17位鳥栖、18位名古屋となっていますが、16位ガンバの勝ち点は15で、10位の清水が勝ち点18ですので、一試合で順位が大きく入れ替わる状況です。現在下位にいるチームは本来上位を狙える実力を持ったチームですから、これから順位変動がまだまだ起こるでしょう。

そして、なんといっても再開後のJリーグは2人のビッグネームが来たことで、大きな注目を集めています。1人目はスペイン代表やバルセロナの司令塔として世界の頂点に君臨してきたMFのイニエスタがヴィッセル神戸に入団しました。その年俸は32億円とも言われています。日本でイニエスタのプレーを見れる日が来るとは誰も予想していませんでした。サッカー観戦しようとチケットもホームゲームを中心によく売れているようです。

Jリーグにベットできるブックメーカー

1XBET
1XBET
ボーナス スポーツ 誕生ボーナス
ボーナスコード
JOHNNYBET
1XBETへ
William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ $100のマッチボーナス
プロモコード
BETEXVIP
William Hillへ
Bet365
Bet365
ボーナス スポーツ スポーツボーナス
Bonus code
JBVIP
Bet365へ

サッカー好きなら一度はイニエスタのプレーは見るべきだと思います。そしてもう一人が同じくスペインの至宝、フェルナンド・トーレスです。そのトーレスはなんとサガン鳥栖に入団しました。サガンという地方のクラブ、しかも現在17位と降格兼をさまよっているクラブにトーレスが入るとは驚きでした。これで下位争いがますますおもしろくなるでしょう。

2. Jリーグ ネット中継

Jリーグ放送ですが、テレビでの視聴方法は現在は地上波、BS共にNHKのみが放送をしています。メインはBS放送で、毎週その節の注目試合を1試合取り上げる形で放送しています。Jリーグ放送無料ということになると、Jリーグ ネット中継を考えると思います。そのサッカー中継ストリーミングですが、以前は無料ネット中継などをしている試合などもありましたが、2016年末に英のパフォームグループが2017年から10年間で2100億円という巨額の放映権契約をしました。それが展開するのがサッカーストリーミングなどスポーツ専門のストリーミングサービスであるdazn(ダゾーン)です。開始から反響を呼び、現在は100万人を軽く突破しています。

最後に、海外サッカー放送を中心にサッカーネット中継を見ながらベッティングができる1xBET(ワンバイベット)をご紹介します。1xBETは毎日様々なスポーツベッティングを楽しめるブックメーカーです。簡単な会員登録を済ませれば、すぐにサッカーライブ中継を見ながら賭けるという楽しみを味わえると思います。もちろんJリーグ ネット中継を見ながらライブベッティングもできますし、ちなみに、1xBETのプロモコード「JOHNNYBET」を使えば登録ボーナスを獲得できるので是非チェックしてください!

コメント Jリーグ ネット中継

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ