ベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズ

ベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズ

初対戦の両者、赤い悪魔ベルギーが初出場パナマに世界の洗礼を浴びせるか・・・。ベルギー代表パナマ代表の実力、両方チームの優勝確率、そしてブックメーカー予想オッズを比較して見よう。

1. ベルギー対パナマ・チームの分析

2大会連続13回目のワールドカップ出場となるベルギー。優勝候補第6番手の赤い悪魔は、3大会ぶりの出場となった前回大会のベスト8を上回り更に勝ち進むべく、ウィガンでイングランドFA杯優勝経験のあるロベルト・マルティネス監督を招聘した。魅力的な攻撃サッカーで知られるマルティネス監督のもとW杯欧州予選では9勝1分無敗の圧巻の成績でロシア行きを決めた。43得点はドイツに次ぎ、欧州予選2位の記録である。

ポジションタレントを抱えるベルギーであるが、注目すべきはやはりその攻撃陣であろう。ルカク、アザールはそれぞれイングランド・プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドチェルシーで好調を維持している選手の1人であり、中盤のデブルイネに関しては首位を独走するマンチェスター・シティで今シーズン公式戦11ゴール18アシストと、チームの大躍進の中核を担っている。2年前の欧州選手権では準々決勝でウェールズに敗れる大波乱の餌食となったが、前回のW杯ではグループステージ3戦全勝。ロシアワールドカップでも安定した戦いをするべく、先ずは初戦を良い形で勝ちたい。

一方、パナマにとってワールドカップ2018は初出場の大会だ。北中米カリブ海予選では劇的な最終戦の末、最終予選3位で予選自動通過を決めた。その最終戦、1点ビハインドだったパナマは幻のゴールの恩恵を受け同点に追いつくと、ホームの大声援を受け、終了間際に逆転ゴールを決めた。そのゴールを決めたのはキャプテンのロマン・トーレス。アメリカ・MLSのシアトルに所属するセンターバックは、大黒柱として最終予選参加チーム中3番目である10失点の成績に貢献した。総得点の9は6チーム中5番目であっただけに、後ろの堅さがパナマW杯初出場をもたらしたのは言うまでもない。

パナマ[を率いるダリオ・ゴメス監督は El Bolillo (エル・ボリージョ=「バトン」の意)で知られる名将である。3つの異なる国をワールドカップ本戦に導いた、たった2人の監督のうちの1人であり、過去にはコロンビア(1998年)、エクアドル(2002年)を本戦へと導いた。

ちなみに、スポーツベッティングに興味のあら方のため、以下のベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズの表を用意しましたので、どうぞご覧ください。

ベルギー対パナマ ベッティングオッズ・両チームが得点のベストオッズ
William Hill 1XBET Bet365
スクロールして詳細を見る
はい William Hill: 2.62 1XBET: 2.64 Bet365: 2.62
いいえ William Hill: 1.44 1XBET: 1.53 Bet365: 1.44
プロモコード BETEXVIP
$100のマッチボーナス
ボーナスコード JOHNNYBET
誕生ボーナス
Bonus code JBVIP
スポーツボーナス
最新アップデート: 1529311598

2. ベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズ

今回が初対戦となるこの両者の試合予想としては、やはりベルギーが極めて優勢である。ウィリアムヒルベッティングオッズを見てみると、ベルギーの勝利は1/6で、引き分け (11/2)、パナマの勝利 (14/1) を大きく下回る。ベルギー勝利の試合結果ベッティングオッズで最も優勢なのは2-0の4/1。1-0が11/2でそれに続いている。両チームとも得点するオッズについてはイエスが6/4と、ノーの1/2に対して圧倒的な差をつけている。やはりパナマがベルギー相手に得点するチャンスは極端に低いとの見方が大半である。

今回のロシアワールドカップ2018では、まだ公式サイト上で正式にライブストリーム配信を公表しているブックメーカーは確認できないが、各社とも年間を通じて大量の試合をライブ配信している。ライブストリームを視聴するにはアカウントの開設と共にデポジットの支払いを求められるのが一般的で、例えばbet365は5ポンドと、ブックメーカーごとに異なる。

さて、もうベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズをご存知になりましたからには、自分でベットしてみませんでしょうか。

コメント ベルギー対パナマ ブックメーカー予想オッズ

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ