イタリア対スイスの試合予想

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
イタリア対スイスの試合予想

組み合わせが決まり熱を帯びてきたユーロ2020。今年はヨーロッパ各地で分散開催となります。今回はAグループのイタリア対スイスについて予想したいと思います。組み合わせではどのチームも「難しいグループに入った」と先に負けた時の言い訳めいたことを言うようになるのがお決まりですが、どう考えてもグループF(ポルトガル、フランス、ドイツがいる)がずば抜けて厳しく、それ以外は同じ感じです。グループAはトルコ、イタリア、ウェールズ、スイスで古豪ぞろいと言った感じでしょうか。私ならどう賭けるか、と言ったところを紹介したいと思います。

1. 大会の紹介

まず簡単にユーロ2020についてですが、6月12日にイタリア対トルコの試合がローマで行われます。今回はOO大会と銘打った大会名ではなくて12の都市で開催され、決勝がロンドンで行われる仕組みになっています。

グループC-Fまではプレーオフで勝ったチームが加わるわけですが、ここではグループAについて述べますのでここでは割愛させていただきます。

恐らくですが、日本の場合ワールドカップに次ぐ大きい国際大会と言ったらオリンピックを上げると思いますが、ヨーロッパのチームの場合このユーロを上げてくるとでしょう。

2. イタリアとスイスについて

今の若い世代に「ヨーロッパのサッカー強豪国は?」と聞いたら「スペイン」や「フランス」と答えるのではないでしょうか。しかし30代後半から40代以上の年代に同じ質問を聞いたら「イタリア」「ドイツ」と答える人が多いことでしょう。1990年代ではスペインが強いという印象はあまりありませんでした。逆に2010年代になるとイタリアが影をひそめるようになってしまったわけですが、巻き返しを図りたいと思っているはずです。

ユーロの予選では10戦10勝と戦力の充実性を披露してくれました。比較的楽なグループだったとはいえ全勝で37得点4失点は古豪復活をにおわせるには十分な結果だったと思います。

しかし国内リーグを見てもエース級は他国の選手がひしめき合うなどイタリア人選手の台頭と言う面では少し寂しい気もします。ユーロでどのようなパフォーマンスを見せてくれるか見ものですね。

一方スイスは玄人好みする中堅チームと言う印象を持つ人が多いのではないでしょうか。予選8試合で5勝2分け1敗と爆発力の無さ、かつ堅実に勝ち点を積み上げるというチームを象徴しているような気がします。8試合で19得点なので1試合2点ちょっとたたき出しているわけですが、最終節のジブラルタル相手に6点の荒稼ぎをしたという事を考えるとちょっと強いチームになると得点を重ねるのは難しいといった感じでしょうか。

とは言えスイスはどのチームとやっても簡単には勝たしてくれないという感じでまさに「難敵」と呼ぶにふさわしい存在なのではないでしょうか。

3. イタリア対スイスの試合の予想オッズ及び私の予想

このイタリア対スイスの試合の予想の前に下記がユーロ2020グループAの優勝オッズを見て見ましょう。これを参考にしつつ私の予想も挙げていきたいと思います。

ユーロ2020グループAの優勝者のベストオッズ
スクロールして詳細を見る
イタリア
1.53
1.53
スイス
5.50
6.00
トルコ
7.00
9.00
ウォレス
8.00
9.00
プロモコード
BETEXVIP
最高$100の200%ボーナス
ボーナスコード
JOHNNYBET
最大¥15,990の初回入金ボーナス!
ボーナスでベット ボーナスでベット
最新アップデート: 1582281265

さて、話をイタリア対スイスに戻しましょう。グループAはイタリアが頭一つとびぬけていてスイス、ウェールズ、トルコ、が同等と言ったところでしょうか。そのためスイスは「引き分けでも構わない」と言うスタンスだと思います。しかしイタリアはホームと言うこともあり「新生イタリア」を披露したいところなので勝ちにこだわってくるのではないかと思います。

ですが前半引き分けたら後半は無理して勝たなくていいというスタンスに変えるのではないかと思います。なので、この試合の賭け方ですが、「前半の方が後半より入る得点が多い」もしくは「前後半の得点が同じ」と言う賭け方をしたいと思っています。

ちなみに私のイタリア対スイスの試合予想は1-0でイタリアの勝利もしくは0-0です。スコアで賭けた方が倍率もいいので一獲千金を狙うなら0-0、1-0(イタリア)に賭けてもいいかもしれませんね。

4. イタリア対スイスの放送予定について

イタリア対スイスの試合の放映権はWOWOWが獲得しました。そのためDAZNで配信はありません。一般的にはWOWOWで放送することが予想されますが、もしかしたらBS-1あたりで録画放送する可能性はあります。またわずかですが、ブックメーカーである1xBETでライブストリーミング中継する可能性はあります。その際の視聴資格ですがサイト登録をしている事及び掛け金がサイトに入っていることです。

コメント イタリア対スイスの試合予想

おすすめの記事:
関連記事:
コメント (1)
最後のコメント Hadonse1946 Hadonse1946 イタリアは強さを見せつけて勝ちたいところでしょうね!スイスは引き分け狙いに持ち込んでくると思います! 3ヶ月前 ...
責任を持ってプレイ