Jリーグをブックメーカーで賭けてみよう!

筆者:JohnnyBet by JohnnyBet
Jリーグをブックメーカーで賭けてみよう! J league william hill J league bet365

サッカーで賭けをすると言ったらtotoを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかしほぼほぼ当たらないtotoにあまり面白さを見いだせない人は多いはずです。ここではJリーグを海外でも当たり前のように行われているベッティングの方法について紹介します。

1. Jリーグに賭けるおすすめのブックメーカー

さて、ブックメーカーのウェブサイトに行ってJリーグの試合に賭けてみよう。大手ブックメーカーならJ1、J2、J3全ての試合に対応。もちろん、試合前だけでなく試合中のオッズの変化に応じたインプレーでの賭けも楽しむことが出来る。1試合当たり少なくとも70以上のマーケットから選んで賭ける事が出来るJリーグを熱く楽しもう。

Jリーグ ブックメーカー 予想するにはブックメーカーに登録し、実際賭けをするというだけです。ブックメーカーは海外のサイトなので、とてつもなく難しい様に思えるかもしれませんが登録すればあとは自分の賭けたいように賭けるだけです。

ブックメーカーでJリーグの予想をしたい場合、おすすめなのははwilliam hill1xBETBet365です。いずれも取扱件数が多く、日本人にとって使いやすいです。特にwilliam hill、1xBETは日本語対応しているので英語が苦手という人でも簡単に扱うことができます。

サイトに入り必要事項を入力すれば簡単に登録することができるのですが、忘れてはいけないのがボーナスコードです。ボーナスコードとは簡単に言えば「この人に紹介された」というコードでそれを入力することによって50$や100$のボーナスを受けることができるのです。下記それぞれのブックメーカーとボーナスコード及び特典です。また、1XBETのライブストリーミングのサービスが豊かで、Jリーグ ネット中継に興味ありましたらぜひお試しください!

Jリーグに賭けるブックメーカー

William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ 最高$100の200%ボーナス
プロモコード
BETEXVIP
William Hillへ
1XBET
1XBET
ボーナス スポーツ 最大¥15,990の初回入金ボーナス!
ボーナスコード
JOHNNYBET
1XBETへ
Bet365
Bet365
ボーナス スポーツ スポーツボーナス
Bonus code
JBVIP
Bet365へ

2. Jリーグ ブックメーカーの賭け方

それではこの記事では、大手ブックメーカーの中から1社を取り上げ、実際にJリーグの試合に賭けるまでのステップを紹介したいと思います。どのブックメーカーも登録手続き、賭ける方法に大差はないため、是非ともお気に入りのブックメーカーを見つけましょう。

今回紹介するのはイングランドに本社を構えるbet365というブックメーカーです。業界最大手の一つで、海外サッカーを観る人であれば看板やロゴぐらいは見たことがあるかもしれません。それではサッカーを例に挙げ、bet365のブックメーカーのJリーグの賭け方を紹介しましょう。

  • 2.1 アカウントを開設する

    bet365にアクセスすると、右上に「Join Now」というボタンが出てくる。それをクリックすると、アカウント開設のポップアップが表れる。ここで必要事項を記入しよう。一番下のBonus Code の欄に「JBVIP」のボーナスコードを入力すればもれなく特典が手に入るのでお忘れなく。(詳しくはこちらのBet365 ボーナスコードをご覧ください)

  • 2.2 入金する(デポジット)

    アカウントの開設が完了したら、支払・振込情報の入力画面が現れる。ここで支払方法(例:クレジット/デビットカード)と支払通貨を選んだら、支払・振込方法に合わせて必要事項を登録しよう。

    その画面の下の方では入金(デポジット)をすることが出来る。日本円で行う場合は700円からの入金となる。アカウント開設後は画面右上ユーザー名右のアイコンをクリックし、「Deposit」を選べばいつでも入金できる。(詳しくはこちらのbet365 入金方法をご覧ください)

    なお、入金した後ホーム画面へ戻るとbet365からメッセージが届いているはずだ。メッセージを開け、「Claim Bonus」をクリックし、先ほど入力したボーナスコードで貰えるボーナスを入手しよう。

    ところで、入金しすぎてしまう事を不安に思っている方はいないだろうか。そんな方は同じく画面右上ユーザー名右のアイコンをクリックした後、「Responsible Gambling」を選び、「Limit Your Account」を選択するとデポジット出来る金額に上限を設けることが出来る。「Limit Deposits」を選択し、金額を設定しよう。

  • 2.3 賭ける対象にするマーケットを見つける

    デポジットが完了したらいよいよ賭けを楽しもう。初めての人であれば対象となるスポーツ、大会、試合数の多さにびっくりする事間違いないだろう。

    左の黒い背景のセクションにスポーツの一覧が表示されている。「Soccer」をクリックすれば、サッカーのマーケットへと移動できる。そこで大会、国を選択して賭けたい試合を見つけよう。ヨーロッパの試合は画面上部に表示され、日本やACLのようなアジア等の試合に賭けたい場合は、「Rest of the World」をクリックしよう。「Japan J-League」(J1)「Japan J2-League」以外にも、「Japan J-League Cup」(ルヴァンカップ)や「AFC Champions League」などに賭けることが出来る。

    大会名をクリックすると、最近の試合一覧を観ることが出来る。賭けたい試合をクリックし、マーケットを見てみよう。Jリーグの試合1試合だけでも約80種類のマーケットが提供されている。

  • 2.4 賭ける(Place bets)

    賭けたいJリーグのマーケットが決まったら、それをクリックしてみよう。そうすると画面右の「Bet Slips」の部分で賭ける金額を決めることが出来る。「Stake」と書かれている欄に賭けたい金額を入力しよう。すると自動的にリターンが計算されて表示されるのでそちらも参考にしたい。金額が決まったら「Place Bet」をクリックして完了だ。

  • 2.5 勝利金額を受け取る

    賭けが成功した場合は、勝利金額は自動的にデポジットに追加される。また、「Cash out」を使うと、自分が賭けた事象が完了する前に(例:フルタイムの結果に賭けた場合、試合終了前に)オッズの変化に応じてキャッシュアウト、すなわちその時点でのリターンを確保することが出来る。試合中であれば「My Bets」に進み、自分が賭けたマーケットがいくらでキャッシュアウト出来るか確認してみよう。キャッシュアウトの活用も、ギャンブルの醍醐味の一つだ。

  • 2.6 現金化する(Withdraw)

    デポジットしている金額の全部または一部を現金化したいときは、画面右上ユーザー名右のアイコンをクリックし、「Withdraw」を選択しよう。現金化したい金額を入力すれば、最初に入力したアカウント情報に登録した先に入金される。

3. Jリーグの賭け方のバリエーションが豊富

Jリーグの賭けのバリエーションが多く、「勝ち」「引き分け」「負け」だけでなく最終的なスコア、「前半と後半はどっちの方が多く点が入るか」「コーナーキックはどっちの方が多いか」と言ったことにも賭けることができます。しかもJリーグは当たり前のように扱われているのですが、J2、J3、さらにはなでしこリーグやJFLまで賭けの対象になることがあります。

もちろん試合単位だけでなくJリーグ 優勝予想をすることもできますし、二試合を組み合わせてオッズを引き上げるということもできます(これはある程度慣れてからお勧めします) Jリーグの結果を当てるのが得意、ネットギャンブルをやってみたいという人はまずは登録してみてください!

4. 初心者はデータ重視で

玄人になってくれば試合展開やチームの相性などを見てベッティングするのがいいかもしれませんが、初心者はとりあえずデータ重視で行うことをお勧めします。例えば昨年の優勝チームである川崎フロンターレの「勝ち」に賭けたり、今シーズンは優勝候補筆頭の広島が下位チームと当たった際に賭けたりなどがいいでしょう。

スポーツ予想
日付
イベント
オッズ
ステークス
種類
見つかりませんでした

残念ながら選択されたパラメータの予想は見つかりませんでした。

さらに「JOHNNYBET」はプロの目線で賭けの予想をしていることが多く、実際ギャンブルで生計を立てているようなプレーヤーの賭け方をただで見ることができます。言ってみれば「競馬の予想屋の勝った馬券」がただで見れてしまうのです。これをうまく使いネットギャンブルをしたら思わぬ収入を得ることができてしまうことでしょう!

5. 最後に

今回紹介しましたJリーグのブックメーカーの賭け方はいかがでしたでしょうか。このようにインターネットで手軽にスポーツギャンブルを楽しむことが出来ることをお分かり頂ければ嬉しいばかりだ。ただし、使い方が簡単だからと言ってハマりすぎにはくれぐれもご注意を。責任あるギャンブルで安全に楽しもう。

コメント Jリーグをブックメーカーで賭けてみよう!

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ