凱旋門賞 2017

凱旋門賞 2017

凱旋門賞はフランスのシャンティイ競馬場で行われるGIレースです。大戦終戦直後の1920年に創設された歴史あるレースです。毎年10月の第一日曜に開催され、ヨーロッパレースの最高峰の1つとして位置づけられています。

現在ではイギリスをはじめとする各国の最強馬が集まるレースとなっています。

レースは2400mで3歳以上の牡馬、牝馬に出場資格が与えられています。(繁殖馬の選定レースと位置付けているため、せん馬(去勢された馬)に出場資格はありません)

凱旋門賞 2017 賞金総額は5億円を超えていて、優勝するとその半分以上獲得することができるビッグレースです。

さらに優勝賞金よりも名誉の方が大きく、種馬として市場価値をぐっと挙げるケースが多いのも凱旋門賞の特徴と言えるかもしれません。

凱旋門賞 日本馬のベストオッズ
Bet365 William Hill
サトノダイヤモンド Bet365: 15.00 ボーナスでベット William Hill: 15.00 ボーナスでベット
ソウルスターリング Bet365: 26.00 ボーナスでベット William Hill: 26.00 ボーナスでベット
レイデオロ Bet365: 26.00 ボーナスでベット William Hill: 26.00 ボーナスでベット
ボーナスコード JBVIP
最大$100のボーナス (T&Csが適用されます)
プロモコード BETEXVIP
$100のマッチボーナス
ボーナスでベット ボーナスでベット

1. 凱旋門賞 日本馬

日本人にとってパリ凱旋門賞はどうしても一度は取っておきたいレースの一つです。今までオルフェーブルが2度2着に輝いたり、ナカヤマフェスタ、エルコンドルパサーが2着に輝くなど「いつ優勝してもおかしくない」という状況にまで迫ってきています。

そして今年は「キタサンブラックならいけるのではないか!」と思われた矢先6月25日に行われた宝塚記念で惨敗を喫したため凱旋門賞への参加にゴーサインが出ず、2017年の凱旋門賞を獲ることも叶わなくなったという見方が強まっています。

日本ファンとしては日本馬の出場が見たいし、優勝する姿を見たいと思っていますが、フランスでのレースということでリスクも負います。

馬主としてみたら「いい成績を残すことができる」という確固たる自信が無ければ参戦させたくないという想いがあることでしょう。

キタサンブラックが出場しないというのはそういった背景があると思います!

2. 凱旋門賞 前哨戦

フランスのニエル賞、フォワ賞、ヴェルメイユ賞、イギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスS、ドイツのバーデン大賞などが凱旋門賞の前哨戦に挙げられています。

凱旋門賞は競馬シーズン終盤に行われます。そのためその年のヨーロッパ各地で好成績を残した馬が出場することもあってまだまだ凱旋門賞 2017 出走馬は確定できていません。

これから調子を上げてくる馬が出て来てシンデレラストーリーを展開してくる可能性も十分に考えられます。

逆に夏場から徐々に頭角を現してくる馬が勢いに乗って優勝をさらうのではないかというのが個人的見解です!

コメント 凱旋門賞 2017

おすすめの記事:
コメント (0)
責任を持ってプレイ